読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひまつぶし

適応障害気味のアラサー女が、暇つぶしに雑談・日常などを書いています。


【スポンサーリンク】




困った時には一呼吸してみよう!

f:id:yume_hime:20151213022301j:plain

どうも。社会復帰のカウントダウンが始まっております。夢村姫子です。

ニート期間中で一番楽しみにしているっていっても過言ではないTV番組があります。
それは、TOKYOMXで放送している「5時に夢中」っていう番組です。

s.mxtv.jp


月曜日には、マツコ・デラックスさんなどがでていて、最近、人気の注目番組になってしまって、
昔からみていた私としては少し寂しい気持ちもありますが・・それでも昔から変わらずの雰囲気で番組作りをしているので好きです。

曜日ごとに、レギュラー陣が変わっているので、曜日ごとに雰囲気も変わり楽しいです。
その中で水曜日に隔週ゲストとして出ている江原啓之さんが言っていたことが自分の中で響いて、
とっても感銘したのでご紹介しつつ、自分の思いも書いていきます。

困った時には一呼吸!!

とあるコーナーでゲストに来ていた方(名前失念w)が
「今、芸能事務所の入ろうか悩んでいる。焦っている」といった悩みを江原さんに話していました。

そこで、江原さんがおっしゃった一言は・・・・

困った時には一呼吸するのが大事

とのことです。

江原さん曰く「人間は困った時にすぐに動きたくなる。感情に左右されて、後先考えずに行動してしまい更に墓穴を掘ってしまう。」とおっしゃっていました。

例えば、「会社辞めたい!と思って、すぐに転職してもまたすぐに転職したくなる」とからしいです。

「幸運のフェイント」をしましょう

一呼吸することを「幸運のフェイント」と江原さんは言っているそうです。

一呼吸の期間としては「一年ぐらい待つ」 とのことです。
1年ぐらい、一呼吸おいて、次にやりたいことなどを考えると、自分に合うかどうかわかってくるんだそうです。

自分の過去を振りかえってみる

私自身「これがやりたい!!!」と思うとすぐに行動しないと気が済まないタイプです。

この4年ぐらいは、会社を転々としてます。

yume-hime.hatenablog.com

退職理由は「体調不良」ですが・・・
4年のなかで一番長く勤務出来た会社も「転職したいな」と思った時点で求人見始めたりと行動していました。

結局、抑うつがひどくなって会社いけなくなって退職しちゃったけど、
この時点で「このまま一呼吸してみよう」と思っていれば
「会社の上司とうまくコミュニケーションできない・・・」と悩まずに済んだのかもしれません。

すぐに問題を解決したい!と思うから、心が焦り結果、病んでしまったのかも・・・。

あれー・・・うまくまとめられないよ・・。ということで、一呼吸~♪


f:id:yume_hime:20151213020921j:plain

まとめ

すぐに思ったことを行動するのはいいことだとは私は思っています。

・・・が、その行動する際にちょっとでも「これでいいのかな?」と思っているのであれば、一呼吸することが大事なのかもしれません。

それが人生における大事な選択肢だった場合は、江原さんがいうように「1年」ぐらい一呼吸いれつつしっかりと悩んで決断するのが大事なのかなと思ったのです。

あと、ちょっとでも頑張ったら、一呼吸も大事。仕事でも家事でもなんでもそう。
私は仕事をしていると、トイレ行くのも忘れてしまう時がありますが・・・
次の仕事は、トイレ休憩などのこまめの休憩を入れつつ仕事に頑張っていきたい。

ときたま「トイレ多くない?」って勝手に人のトイレ回数をカウントして指摘する人もいますが、
そんな人が次の職場にいたら
「私にとって、トイレは休憩です。こまめに休憩することで集中力が増しますし気分転換にもなります。あなたは、どんなふうに休憩してるんですか?気分転換してるんですか?」とアドバイスをいただきたいと思いますwww