読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひまつぶし

適応障害気味のアラサー女が、暇つぶしに雑談・日常などを書いています。


【スポンサーリンク】




「自分は何やってるんだろう・・・」と悔しくて泣いた話

f:id:yume_hime:20150614233312j:plain

絶賛転職活動中の夢村姫子です。こんばんにちは。

私28歳なのですが現在無職で独身で実家暮らしでして・・・転職活動もうまくいかず「自分は何してるんだろう・・・」と悔しくて久しぶりに声を出して泣きました。悔しくて切なくてどうしょうもない気持ちになって、仕事中であろう彼氏に電話もしてしまい、たくさん泣いて「抑うつ」を抑える薬を久しぶり飲んで、気が付いたら寝てしまい、朝を迎えてました。

まだ「抑うつ」状態は治ってないのか??

心療内科で「抑うつ」と診断されてから一ヶ月が経ちました。
会社に行けなくなったあの時期、「抑うつ」と診断された時期と比べたら、だいぶ今元気になった・・と思っております。眠れないという悩みはあるけど、それは多分不規則な生活をしているからだと思います。規則正しい生活に心かけてるけど、無理して眠くない時に寝ようとしなくてもいいかな・・・って今思いました。

「抑うつ」状態の時期に比べては、だいぶ体調も心も楽になった。けど、転職活動が思ったよりうまくいかずにおかしくなって泣いてしまった。数が少なっているクスリも飲んだら落ち着いてきたので、やっぱりまだ治ってないのだろうか??

元々「抑うつ」になりやすいのは自覚しております。だから、元々の何かを治さない限り一生「抑うつ」はついてきてしまう気がします。これは、心療内科にずっと通い続けてクスリを処方してもらうべきなのか?一生、心療内科通いは嫌だ・・・。

どうすれば、この「抑うつ」とおさらばすることができるんだろう??

会社をやめてしまったことを後悔してしまった

直近の会社も、ココロと体調を崩しててフェードアウトしてしまったことを反省して後悔して思い出して更に泣いてしまった。頑張って1年半も続けてきたのに、自分で全部崩してしまったこと。お世話になった社員さんにちゃんとお礼を言えてないこと。頑張ってきた仕事を放置してしまったこと・・・色んなことがちゃんとできてなくて悔しくて泣いた。

泣いても仕方がないこと。後悔より反省して次に生かしていければいい。と思っているのですが、泣いたときはホントに辛くて死んでしまいたいとも思った。

実家暮らしで無職っていう辛さ

家にはお金をいれていますが、実家暮らしで無職がすごくつらかった。家にいるときは、内職をしたり求人サイトをたくさんみて色々考えたり企業に応募しているのに親に「何もしてない」と言われ、悔しくて泣いた。

早く働いて貯金して実家出たいという気持ちがずっとあるのに、すぐに仕事を辞めてしまう自分が悔しくて泣いた。

転職活動に疲れて泣いた

先週は、派遣会社の職場見学という名の面接と自分で応募した正社員の面接に行った。二日連続で面接して疲労がたまっていたのに眠れないのと「何もしてない」と親に言われて悔しくて泣いた。

二日連続で面接したのに良い結果が出なさそうで泣いた。正社員の面接していただいた企業様はまだ結果きてないけど、不安で泣いた。結局、自分が何をしたいのか分からなくて泣いた。これは、今も結論が出そうで出ていない。

某転職エージェントに登録したら連携している他社のエージェントから連絡がきて面談しょうか悩んでる。某転職エージェントつながりで、他社の派遣会社から「登録しませんか?」と連絡あったけど、いつもお世話になっている派遣会社のグループ会社だったことに気づいて、登録しょうか懸念中。某求人サイトに登録したら、たくさんスカウトメールやら来るけど、どれも私の希望にマッチしない。メールだけたくさんきて消化しきれない。

派遣会社の求人、求人サイトをたくさん見すぎて疲れて泣いた。私は、派遣で働きたいのか?直接雇用で働きたいのか?そもそも何をしたいのか??を悩みすぎて泣いた。

とりあえず泣いてスッキリした

という感じで、たくさん泣きました。思考は止まらず・・・たくさん泣いた。彼氏との電話で泣きすぎてiPhoneの画面がカビカビになってました。今まで我慢してたころが抑えきれなくなって泣きました

まとめ

結局何を書きたいのか分からなくなってしまいましたが・・・とりあえず引き続き、転職活動は頑張ります。でも、求人サイト見すぎて疲れたし、やっぱり派遣会社一本で探していこうかなと思っています。派遣でも3年続かないのが今一番の悩みなので「3年は仕事続ける!!」を目標にして、自分にあった仕事を見つけていきたいです。

最近は、転職活動の状況などをTwitterに書いてます。励みや応援のリプもいただいて力になっております。いつもありがとうございます。

そして、こんな書きなぐった記事を最後まで見ていただき、ありがとうございました~。